電機代に差が出る暖房器具 

一番寒い時期って12月~2月といった感じですかねぇ。。。
うちではすでにコタツとストーブを使ってます。
まだ10℃以上あるし、日中の日差しが入るとストーブ付けなくても暖かいけど
やっぱり10度以下になってきたら、すぐ暖まる石油ファンヒーターに切り替えます。
ちなみに、エアコンは夏専用でほとんど使いません。

さてさて、いろいろな暖房器具がありますが、光熱費として考えた場合、
どのくらいの差があるのか気になりませんか?
自分は得しているのか、損しているのか、はたまたフツーなのか。。。

部屋の温度は寒いままのコタツホットカーペットのみを使用する場合と、
部屋全体を暖める暖房器具とを比べるのは難しいですけどねぇ(^-^;)
何と言っても、灯油に頼っている我が家の場合は、灯油の金額次第なので
やはり、他の方と比べるといっても、同じ条件の家庭でないと意味がないかも
しれません

ちなみに、
※ホットカーペットをを10時間使用した場合の月にかかる電気代は、約1500~2400円。
 コタツを10時間使用した場合の月にかかる電気代は、約300~700円。

一般的に一番多く使われているのは、やっぱり石油ファンヒーターで、
2位はエアコンでした!
きっと安全面や管理・手間などの理由でエアコンにしている家庭もありますよね。
そこで、
1位と2位の月にかかる料金を算出したものをご覧ください。(あくまでも個人的な見解です)

※石油ファンヒーターを10時間使用した場合の月にかかる電気代は、約500~600円。
 それに灯油代18㍑3缶として、約3000円。合計約3500円。
※エアコンを10時間使用した場合の月にかかる電気代は、約7800円。

上記からだと、石油ファンヒーターの方が半分以下のコストという結果になりました!
最新のエアコンだと1ヶ月間毎日10時間使用しても7800円もいかないかもしれませんが、
仮に6000円としても、石油ファンヒーターには勝てませんね。 さらに、
最新の石油ファンヒーターの月の電気代が100円程度になっている商品もあるそうです
そうなると更に石油ファンヒーターのコストの圧勝です☆
前みたいに灯油が高騰してしまっても、どっちもどっちの結果かもしれませんね

窓から入ってきた冷たい空気を上に押し上げ、部屋全体の暖かい状態をキープするので
ファンヒーターの置き場所は窓側が適しているそうですよ♪

光熱費を安く抑えたい!という人は、石油ファンヒーターの使用をオススメします(*^-^*)/

我が家はリビングの入口近くに置いてるので、窓ではないのですが、ドアの隙間からも
冷気が入ってくるので、同じ効果が得られていると信じたいです!! 
どうしても他に置き場がないので。。。


でんきと暮らしの
電力比較サイトへはこちらへどうぞ!

この記事へのコメント